旧BLOG

新ブログはこちらです>>

  • hatena

フットセンターの大事さ

こんにちは!Kenichiです。今日はピラティスでいうフットセンターの大事さについて話していきます。

そもそもフットセンターって?

フットセンターは人間が本来立った時の足裏の理想的な重心を置いた立ち方をいいます。


親指の付け根・・・母趾球(ぼしきゅう)

かかとの骨・・・少し外側寄り

小指の付け根・・・小趾球(しょうしきゅう)

ざっくりとですが上記のマルがついたとこに均等に重心が取れると土踏まずにドーミングとって

ドーム状のお椀を伏せたような形で引きあがる感じがあり、下から上への繋がりが出来やすくなります。

ではそんなフットセンターができると何が起きるかというと、一言でいうと「身体の安定」があります。

これはピラティスだからではなくて、解剖学的に人間の立ち方がこの場所を作ると効率的だということです。

人間の大事な箇所はこの足の裏のようにドーミング状に引きあがり支えるように形作られています

骨盤・肋骨・口蓋・頭蓋骨など大事な部分はこのドーミングを形成することで周囲との安定を構造的に作っているのです。

人間の身体はパワーハウスの家に例えられるようにその整えるべき場所は基礎土台から、つまり足や腕よりもまず足裏の場所を正しくセットアップしてそこに上のパーツを積み上げて動けるようにしていくというのが理想的な身体の始まりです。

上をいくら整えても下が不安定だったりずれているようでは、まるで砂上の城のように積み上げたものは脆く崩れやすくなってしまいます。

そして何よりピラティスは身体意識を深めていく身体技法ですから、このフットセンターを作ること・その場所へどれだけの意識を持っていけるかということが必要になってきますね。

いつも立って始めるときにフットセンターを感じる時間があります。

何気なく作っていたこの足元をこういう意味があるのかと解った瞬間から意識が変わり

明日からまた違う思いで臨めるもピラティスのいいところですね。

0回の閲覧